富士山専門ギフトショップ 東海道表富士 忍野八海忍野富士

2007年開業の富士山に関するを扱う専門店。現在は静岡県富士市吉原店と山梨県忍野八海店の2店舗。お土産・引き出物・記念品・お祝い品・プレゼントなど様々な場面でご利用になれます。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ふじやま織り富士山ネクタイ入荷しました! | main | 平成28年謹んで新春のお慶びを申し上げます >>

しずおか遊びたい券 第一回しらす絶景下山ハイキングツアー 無事終了

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル
    JUGEMテーマ:グルメ
    JUGEMテーマ:健康
    JUGEMテーマ:ビジネス
    JUGEMテーマ:趣味

    12月27日(日)「しらす絶景下山ハイキングツアー」冬の富士山表口満喫バスツアーが無事開催できました。
    ツアー参加者、関係者の皆様、有難うございました。

    次回2016年1月24日(日)お申込み受付中 参加費3000円です
    ⇒ しずおか遊びたい券in富士・富士宮「しらす絶景下山ハイキングツアー」



    冬に富士山に特化したバスツアーはなかなかありませんが、富士山南麓、富士山の恵みに溢れた富士市の地の利を活かして思い切ってチャレンジしました。

    富士山 下山ツアー 冬の富士山 しらす 八幡 富士市 ミエルラ 遊びたい券 西川卯一 東海道表富士 ルート3776
    新富士駅集合の参加者はこの大変珍しい影富士を見ることができました。
    絶景を遮る残念な駐車場ではありますが、光と影のアートな富士山が現れました。


    富士山 下山ツアー 冬の富士山 しらす 八幡 富士市 ミエルラ 遊びたい券 西川卯一 東海道表富士
    新富士駅からの通常の富士山。こちらはメイン出入り口、影富士は東に80mほど移動すると観れます。

    富士山 下山ツアー 冬の富士山 しらす 八幡 富士市 ミエルラ 遊びたい券 西川卯一 東海道表富士 ルート3776 村山古道
    最初の目的地はふじのくに港公園にある小富士展望台です。
    海抜0mからの登山道ルート3776のスタート地点でもあります。
    港の反対側には古くからの富士山信仰登山の象徴でもある富士塚があり、こちらもルート3776のスタート地点となっています。
    港公園からのルートは直線的に、富士塚からのルートは旧東海道をたどってから大渕街道を登って富士山にむかいます。


    富士山 下山ツアー 冬の富士山 しらす 八幡 富士市 ミエルラ 遊びたい券 西川卯一 東海道表富士 ルート3776
    港公園の小富士山頂にて。標高は37.76m。
    実はこの公園の設計段階で当店のA1サイズの富士山立体模型を会議に提供したことがあります。
    山頂を展望台にして、お中道をつくったり、子供たちが登って遊べたりといろいろと思いを伝えていただきましたが、ほぼそれに近いものが出来上がり驚いていました。やはり皆さん思うところは一緒なんですね。
    現在、この山頂に櫓を組む計画があるようで、そうなるとこのアングルでの集合写真は撮れなくなりますね。
    雨の日は富士山も見えないとするとこのままでもいいような気が、夏場の日差しを思うとあったほうがいいような気もします。


    富士山 下山ツアー 冬の富士山 しらす 八幡 富士市 ミエルラ 遊びたい券 西川卯一 東海道表富士 ルート3776
    続いてしらす街道のしらすの八幡さんへ。

    富士山 下山ツアー 冬の富士山 しらす 八幡 富士市 ミエルラ 遊びたい券 西川卯一 東海道表富士 ルート3776
    早目の昼食となりますが、釜揚げしらす丼か生しらす丼をいただきました。

    ふじさんあそび しずおか遊びたい券 下山ツアー 冬の富士山 富士山専門 ガイド 西川卯一 しらす 絶景 下山 2015 2016
    参加者全員に富士山タオルマフラーをプレゼント。
    色はブルーとピンクのお好きな方を選べます。


    富士山 下山ツアー 冬の富士山 しらす 八幡 富士市 ミエルラ 遊びたい券 西川卯一 東海道表富士 ルート3776
    しらすの八幡さんの2階食堂からの富士山です。
    ファミリーロッヂ旅籠屋も併設で夏場の富士登山で利用される方々も多いです。


    富士山 下山ツアー 冬の富士山 しらす 八幡 富士市 ミエルラ 遊びたい券 西川卯一 東海道表富士 ルート3776
    富士市役所屋上、富士山テラス・ミエルラへ。
    富士市街越しに富士山を遠望できます。


    富士山 下山ツアー 冬の富士山 しらす 八幡 富士市 ミエルラ 遊びたい券 西川卯一 東海道表富士 ルート3776
    手前に見える学校のすぐ北側から富士山に向けて坂が始まります。
    実はこのラインが富士山の山体と富士山からの堆積物でできた平地の境目で、この写真に写っている街並みは富士山の山体の上に建っています。


    富士山 下山ツアー 冬の富士山 しらす 八幡 富士市 ミエルラ 遊びたい券 西川卯一 東海道表富士 ルート3776
    展望は360度の絶景ですので、北は富士山、南は駿河湾伊豆半島も見渡せます。

    富士山 下山ツアー 冬の富士山 しらす 八幡 富士市 ミエルラ 遊びたい券 西川卯一 東海道表富士 ルート3776 水ヶ塚
    バスはルート3776を標高600m辺りまでたどり、途中から469号線十里木街道、エバーグリーンロードで水ヶ塚駐車場へ。

    富士山 下山ツアー 冬の富士山 しらす 八幡 富士市 ミエルラ 遊びたい券 西川卯一 東海道表富士 ルート3776 腰切塚
    少しだけ時間ができたので予定外に直ぐ脇の腰切塚に往復30分の登山に。
    腰切塚は富士山の側火山の一つで、山頂には展望台と噴火口があります。


    富士山 下山ツアー 冬の富士山 しらす 八幡 富士市 ミエルラ 遊びたい券 西川卯一 東海道表富士 ルート3776 宝永山
    展望台より。小さな凸凹が沢山ありますが、それらがみんな富士山の側火山で噴火口があります。

    富士山 下山ツアー 冬の富士山 しらす 八幡 富士市 ミエルラ 遊びたい券 西川卯一 東海道表富士 ルート3776
    腰切塚の山頂火口。

    富士山 下山ツアー 冬の富士山 しらす 八幡 富士市 ミエルラ 遊びたい券 西川卯一 東海道表富士 ルート3776
    こんな看板がありました。

    富士山 下山ツアー 冬の富士山 しらす 八幡 富士市 ミエルラ 遊びたい券 西川卯一 東海道表富士 ルート3776 村山古道 
    午後2時過ぎ、いよいよ村山古道の交差地点から富士山の森の中へ。

    富士山 下山ツアー 冬の富士山 しらす 八幡 富士市 ミエルラ 遊びたい券 西川卯一 東海道表富士 ルート3776 村山古道 女人堂
    富士山表口の女人結界にあった女人堂跡地からの富士山。
    夏場や秋口はまだ木々に葉があるので、まず富士山を見ることができません。
    落葉のあとだからこそ観れる景色が森の中にもたくさんあります。


    富士山 下山ツアー 冬の富士山 しらす 八幡 富士市 ミエルラ 遊びたい券 西川卯一 東海道表富士 ルート3776
    この辺りは夏場は苔畑が見事ですが、冬は寒さにじっと耐えている感じがします。


    中宮八幡堂に到着。


    八大竜王の溶岩流。

    富士山 下山ツアー 冬の富士山 しらす 八幡 富士市 ミエルラ 遊びたい券 西川卯一 東海道表富士 ルート3776
    最終ゴール地点の西臼塚駐車場より。
    このあとバスは富士宮口登山道を下ってスタートした富士駅・新富士駅へ。


    富士山 下山ツアー 冬の富士山 しらす 八幡 富士市 ミエルラ 遊びたい券 西川卯一 東海道表富士 ルート3776
    終了予定時間を10分すぎて午後4時40分くらいに解散できました。
    写真の富士山は新富士駅から富士山を遮るように立っている24パーキングの屋上からの薄紅色の富士山です。


    登山で富士市のルート3776と裾野市の須山口登山道を、下山で富士・富士宮市の村山口登山道と富士宮市の現富士宮口登山道を、4本の登山ルートを駆使した冬の富士山表口満喫ツアーでした。
    改めまして、参加者の皆様、関係者の皆様、有難うございました。

    注!富士山の森の中では害獣駆除が行われています。1月5日からは駆除期間に突入し立ち入りが規制される地域もありますのでご注意ください。


    ツアーは実施日を外して開催しております。


    冬の森に入る際は目立つ格好をして獣と間違われないようにすることと、獣と遭遇しないように音を出すように心がけましょう。

    次回2016年1月24日(日)お申込み受付中 参加費3000円です
    ふじさんあそび しずおか遊びたい券 下山ツアー 冬の富士山 富士山専門 ガイド 西川卯一 しらす 絶景 下山 2015 2016
    ⇒ しずおか遊びたい券in富士・富士宮「しらす絶景下山ハイキングツアー」

    富士山専門店 富士山専門ギフトショップ 東海道表富士 西川卯一
     
    富士山関係 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.omotefuji.com/trackback/1407240
    この記事に対するトラックバック