富士山専門ギフトショップ 東海道表富士

2007年開業 店主は富士山全域の観光ガイド・登山ガイド
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2017・2018・2019登山実績のご報告 | main |

2018年4月閉店済 2号店忍野八海忍野富士と近況についてご報告

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    JUGEMテーマ:趣味

    JUGEMテーマ:ビジネス

     

    2017年の7月25日にオープンしました富士山専門店忍野八海忍野富士ですが、恥ずかしながら2018年4月24日にスピード閉店しました。

     

    過去記事 ⇒ 開店告知記事富士山専門店忍野八海忍野富士」

     

    開店告知の過去記事にはありませんが、2017年の12月1日から忍野八海忍野富士は飲食店の許可をいただき富士山焼きそばなどの提供もしておりました。もともと厨房設備がありましたので予定通りのサービス開始でした。鉄板を用意して私の地元で作られている富士山焼きそばを提供していました。

    富士山焼きそばは富士市今泉の荒川製麺さんが製造販売されている蒸し麺の焼きそばで、富士宮焼きそばがメジャーになるにつれて淘汰されていった醤油味ベースの和風焼きそばです。結構評判がよかったです。

     

    富士山専門店 東海道表富士 西川卯一 忍野八海 忍野富士 富士山焼きそば 

    2017年12月1日に店頭に富士山焼きそばの暖簾を提げました

     

    富士山専門店 東海道表富士 西川卯一 忍野八海 忍野富士 富士山焼きそば

    提供したのは富士山焼きそばや甘酒など

     

    富士山専門店 東海道表富士 西川卯一 忍野八海 忍野富士 富士山焼きそば

    当然ながら富士宮焼きそばはとなるのでソース味も提供してました

     

    富士山専門店 東海道表富士 西川卯一 忍野八海 忍野富士 富士山焼きそば

    富士山焼きそばノーマルだと、桜えび数尾と天玉といわし粉青海苔紅ショウガがのって540円

     

    富士山専門店 東海道表富士 西川卯一 忍野八海 忍野富士 富士山焼きそば

    トッピングは目玉焼き、肉かす増し、天かす増しなど

     

    富士山専門店 東海道表富士 西川卯一 忍野八海 忍野富士 富士山焼きそば

    場所柄、観光バスや車で食べるという方も多くテイクアウトも

     

    富士山専門店 東海道表富士 西川卯一 忍野八海 忍野富士 富士山焼きそば

    玉子のせて肉かす増しで640円

     

    富士山専門店 東海道表富士 西川卯一 忍野八海 忍野富士 富士山焼きそば

    サイドメニューのぼんじり串 ぼんじりまるごと臭みをとって照り焼きです

     

    手造りで金柑湯と甘酒を提供

     

    富士山専門店 東海道表富士 西川卯一 忍野八海 忍野富士 富士山焼きそば

    甘酒は清酒富士山の蔵元牧野酒造の酒粕と砂糖と隠し味で白味噌と生姜

     

    富士山専門店 東海道表富士 西川卯一 忍野八海 忍野富士 富士山焼きそば

    金柑湯 温まります

     

    冬は結構積雪が多かったです

     

    こんな感じです

     

    残念ながら2018年4月24日で閉店しまして、当店店頭で使用していた特大富士山コーンは向かいの鱒の家駐車場のバス停の目印になりました。

     

    吉原商店街店舗は厨房設備がないため焼きそばの提供は出来ませんが、厨房設備一式は保管してあるので露天商の許可を得てイベント出店などしてみたいと考え中です。


    以上、短期出店で終わってしまいました2号店忍野八海忍野富士についての報告でした。

     

    近況のご報告

    2007年の開業から13年、個人事業として富士山専門ギフトショップ東海道表富士を継続しつつ、2012年から春夏は富士山の登山ガイドとして、2018年から日中は親戚の酒蔵を手伝させて頂いています。

     

    蔵の代表銘柄は白糸と富士山 

     

    2019年は酒蔵の酒造りに参加させて頂き、大好きな日本酒を米洗いから搾りまで一通り経験させて頂きました。

    有難うございました。

    忍野八海忍野富士 営業案内 | permalink | comments(0) | - | - | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする